平素は格別のご厚誼を賜り厚くお礼申し上げます。
弊社は大正14年市橋佐市が尺別の地に創業し、戦中戦後を通じ建設業に携わり主に炭鉱坑内外の土木建築工事に従事しつつ、昭和24年一般公共事業に視野を広げ音別出張所を開設、昭和29年には有限会社 市橋組を設立して本格的に「総合建設業」を標榜、以来令和元年を迎えた今日創業95年、会社設立65年を越えるに至りました。
これもひとえに地域の皆様はもとより関係各位より頂戴しました数々のご支援ご指導の賜物と深く感謝申し上げます。

創業より職員・従業員が一貫して引き継いできている「良いものは手を抜かずに」という精神を受注工事施工の中で表現し続けることで地域の発展に寄与できるものと信ずるところでございます。

近年は少子高齢化による担い手不足や就業者の高齢化、不安定な景気情勢、自然災害の大型化や新型ウイルスへの感染症対策等我々を取りまく環境には課題も多くありますが、AIやICT技術の導入や、三次元データや自動運転などの情報通信技術を最大限活用した生産性革命を推進し、働きやすく、働きがいがあり、新しい価値観によるモノづくりを実現し、より一層魅力ある建設業者へと歩みを進めて行きたいと考えております。

地域に生きる建設業者として、社会の利益を第一に考え、持続的な雇用と地域経済への貢献、自然災害への備えを整え、社員一同結束し輝かしい未来づくりに邁進する所存でございますので、皆様方には今後とも格段のご指導ご高配を賜りますようお願い申し上げます。

                                                                                                        市橋建設株式会社
                                                                                                 代表取締役 川村聡史